障がいとは何だろうか

映画「はたらく」を見ました。ある自閉症の男性(しょうへいさん)が、映画の主役として「はたらく」姿を追ったドキュメンタリーでした。

 

監督さんの狙いは、しょうへいさんの姿を通して、”働く”とはどういうことなのかを考えてもらうことにあったように記憶しています。けれども、映画を見させていただいた側からすると、「しょうへいさん」というよりも、監督さんや共演者さんたち、いわゆる「しょうへいさんの周りの人」の姿に目が留まることが多かったです。

 

周りの人たちは健常者の方々で、彼らだけならばスムーズに進むであろう練習も、しょうへいさんとであれば、壁にぶつかっては、立ち止まり、もう一度壁にぶつかっては、立ち止まりの連続でした。

 

その度に、周りの人たちは試行錯誤を繰り返していました。作品中に、彼らの頭には何度も「?」が浮かんでいました。もうお手上げ、となってもおかしくないような場面でも、彼らは諦めることなく、しょうへいさんに真正面から向き合い続けていました。

 

私も、初めのうちは、思うように事が進んでいかない様子を見ているだけで、もどかしく感じたり、「周りの人たち」のやり方や考え方に同調できず、「え、それはどうなの」と思ったりしました。エンタメ映画を見ている時のドキドキ感や興奮とは真逆で、「非凡な日常をただ眺めている」ようなつまらなさと、「私が普段見ている日常のようにも進まない」じれったさや苛立ちを感じていました。

 

けれども、時間の経過とともに、彼らの表情が柔らかくなっていくのも見えました。そして、しょうへいさんとの壁(?や不満、苛立ちなど)が低くなっているようにも思えました。

 

障がいを乗り越えるのは簡単なことではないと思います。障がいを持っている本人も、その周りにいる人たちにとっても。でも、それは決して乗り越えられないものではなく、むしろ乗り越えていくべきものだと思います。でも、繰り返しですが、それは簡単なことではありません。時間や労力のかかることです。疑問や不満との戦いもあると思います。利益の追求が目的で、そのための「速さ、便利さ、効率の良さ」などに価値を置くならば、障がいを持つ人たちと「働く」ことは喜んでできないと思います。

 

しかし、愛が人間にとって最も価値のあるものならば、彼らと「働く」ことは、どれほどの愛の訓練をもたらし、私たちの人生を豊かなものとするでしょうか。

 

そもそも、「障がい者」と「健常者」の2種類の人間が存在するわけではありません。聖書によれば、すべての人間は、神のかたちに造られた尊い存在です。そして、神様の御心は、人が互いを自分自身のように愛し合うことです。

 

障がいを持っている方は可哀想な人ではありません。その方が障がいを持っているのは、その人を通して神様の栄光を現されるためです。

 

罪の世から私たちを救い出し、愛し合える者へと造り変えてくださる唯一のお方、神の御子、私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめ称えられますように。

 

4月1日はイースターでした。イエス様が死者の中からよみがえられたことをお祝いする記念日です。この方を信じる人は誰でも罪を赦されて、新しいいのちに歩むようになります。これが、神様から私たちへの福音です。

 

もし、このブログを読んで下さった方で、イエス様のことをさらに知りたい方がおられましたら、メッセージをください。もしくは、以下のサイトを御覧ください。

デイリーブレッド公式サイト ODBミニストリーズ

 

 

*私はプロテスタント教会に所属するクリスチャンです。聖書を通して、イエス様を私の主であり、救い主であると信じて従っている者です。そして、皆様にも福音を分かち合うことができたら、それに勝る喜びはありません。

 

 

 

山登り

コミック「岳」の一巻を読みました。

 

「山にもっとみんなが上ればいいのに」。

主人公のその気持ちは、一度山に登ったことのある人だけが分かるのかもしれません。

 

私も数年程前に、初めて山登りをしました。初心者のコースでしたが、頂上に登ったときの、透き通った空気は素晴らしかったです。

 

その後、とあるきっかけでルーマニアの山にも登りました。崖をロープで登ったり、下ったりしたことは初めでした。羊飼いと牧羊犬と羊の群れに出会ったり、牛の群れにも遭遇しました。そのとき、知り合いからもらったマウンテンシューズを履いていたのですが、足に合わなくて、すぐに足の皮がはがれてしまって、痛みのために登山をすることが難しくなってしまいました。

 

そのとき、ルーマニアの友だちが、彼の靴と私の靴を交換してくれました。彼は、「慣れているから大丈夫」と言って、私の靴ですいすいと山を登っていきました。本人は何も言いませんでしたが、実は私と同じように足の皮が剥がれたそうです。けれど、彼は私のことを気遣ってくれて、私には何も言ってきませんでした。

 

そのときのことを思い出すたびに、彼の愛の深さを感じます。

 

エターニティ 結婚

www.youtube.com

 

 

 

法学者ジョン・ウィッテ・ジュニアによると、

(以前の)「結婚の理想ー相互の愛、生殖、および保護のために造り上げられた永続的な契約的結合ーは、徐々に、配偶者それぞれの満足感のために造り上げられた『一時的なセックスの契約』という、新たな結婚の現実に道を譲っていった」のです。......それまでの文化は、割り当てられた社会的な役割に喜んで従い、忠実に果たすことによって、その義務に意味を見出すよう教えました。しかし啓蒙主義がそれを一変させました。人生の意味とは、自分にとって最も満足できるものを選べる、という個人の自由が実現してはじめて見出されるものだとされました。自己否定を通して、個人の自由をあきらめることを通して、夫婦や家族に対する義務を自分に課すことによって人生の意味を見出すかわりに、感情やセックスにおける自分の満足と自己実現を見出すものとして、結婚が再定義されたのです。

 

......自己実現のための結婚、という新しい概念によって、私たちは、結婚に過剰な期待をよせながらも、常に何か物足りないという立場に身を置くことになりました。......だからこそ多くの人が結婚を躊躇し、あるいは結婚直前まで行きながら、『でも百点とは言えない』相手だというだけで、あきらめてしまうのです。

 

......(しかし、問題なのは、)完璧な相性の『運命の人』を探すことはそもそも不可能なのだ、(という点です)。デューク大学倫理学教授のスタンレー。ハワーワスがこの点をまとめた文章は有名です。『結婚にとって破壊的なのは、自己実現の倫理だ。それは、結婚も家族も、主に自己実現のための制度であり、私たちが「完全」で幸福になるために必要だ、と想定する。そこでは、自分にはふさわしい結婚相手がいるはずで、目を皿のようにして探せば当然見つけられると思い込まれている。この道徳的思い込みは、結婚の決定的な一面を見落としている。私たちは間違った相手と結婚するものだ、という事実を十分理解していないのである。私たちは自分が誰と結婚するか、決して分からない。それなのに自分には分かると思っているだけなのだ。また、最初は正しい相手と結婚したと思っても、どのみち相手は変わるのだ。結婚したことだけでおも、私たちがそれ以前とはもう同じ人間ではない、ということなのだ。肝心なのは、自分が結婚した相手が、実はほとんど見知らぬ相手であって、今後どのように愛し、気遣っていくかを学んでいくことだ。』」

          (引用:『結婚の意味〜分かり合えない二人のために〜

               ティモシー・ケラー、キャシー・ケラー共著』)

 

 

 

映画エターニティには、19世紀末のフランスの上流階級に生きる女性の、三世代にわたるいのちの物語が綴られている。ここに見られる結婚観は、現代の西洋諸国のものとは異なる。実際、私はこの映画を見ながら、「こんな結婚ありえないでしょ」と思ってしまった。あまりにも美化されているように感じた。しかし、そのような反応をすることこそが、私の結婚観の悲惨さを表している。

 

監督は、「人生の永続性」と「夫婦間の愛」を結びつけて、その素晴らしさを映画を通して表現している。親同士が決めた相手と結婚をしたガブリエルは、最初不安であったが、夫のシャルルは、「まだ君を愛していないが、愛は学ぶものであり、君を愛し続けると約束する」と率直に語りかける場面がある。ここに真の男らしさを見る。

 

「男の愛は、神の愛よりも信頼できる」という台詞は、この時代の形骸化したカトリックの背景を物語っている。男との結婚か、神との結婚かという対比が描かれているようにも感じたが、それは神を抜きにした人生讃歌へと至る人間の罪を浮き彫りにしている。

 

神が男と女に人を形づくられ、結婚を創造し、そして秩序を定められた。それがあまりにも素晴らしいゆえに、罪が結婚にもたらした影があまりにも残酷である。

 

しかし、人が、神が定められた秩序から、ますます離れていく傾向にあるのはなぜだろうか。時代の波に流されずに、聖書の真理に堅く立ち、結婚と向き合いたい。

 

 

 

東京事変のドラムの人

www.youtube.com

 

 

柔らかくて綺麗なドラミング。

 

リズム楽器でありながら、単調でなく、少しも飽きない。

 時を忘れて、聞き入ってしまう。

 

うるさいとも感じない。物足りないとも感じない。

そう、違和感を少しも感じない。

 

そよ風の音や川のせせらぎに耳を澄ましているときのような心地よさ。

 

 椎名林檎さんの声との相性が良いからかな。

他の楽器とのバランスが良いからかも。

 

きっと、よく練習したんだろな。

迷いがなくなるまで。

 

自分の太鼓をよく知ってるんだろな。

名前とかも付けてたりして。

 

「好きこそものの上手なれ」という言葉を思う。

Healer 心は変わらないと思ってた

いつかは変わると思って、テキトーで無気力な人生をずっと過ごして来た。

 

ネット開けば現実逃避の始まり。5時間、6時間なんてあっという間。でも頭は

フラフラ、目はしょぼしょぼ。ご飯食って、お風呂入って、寝て、起きて、学

校、帰宅、そしてまた現実逃避。

 

こんな生活をどれだけ過ごして来ただろう。勿論、心はますます廃れていって

いた。

 

人間関係が壊れたり、状況が悪化してようやく、自分の心の醜さに気が付い

た。言い逃れが出来なかった。

 

自分の人生の総決算をしているようだった。過ぎた時間と、出来上がった人間

関係を見て、もう取り返しがつかないと思った。自分への失望。親への罪悪

感。希望が目の前からさーっと消えていくのを感じた。

 

しかし、そのとき、罪を悟った。そして、神の愛とキリストの十字架の意味を

知った。不思議だった。誰かが、確かにはっきりと自分に語っているように感

じた。

 

心は変わることができる。キリストだけが私の心を変えることができる。

絶望の中に、決して消えることのない希望の灯火が輝いた。

 

その灯は今なお光を増して、私のからだを照らし続けている。

タンポポのように暖かくて、すべてを優しく包み込むような人にだってな

れる。

 

 

 

状況が私の言動を決めるのではない。心が私の言動を決める。

状況の変化は、私の心の内にあるものを明らかにするだけ。

 

言動と心が一致しない、表と裏の社会にあって、私たちは心を忘れてしまう。

しかし、どこにいても、誰といても、何をしているときであっても、中心にあ

るのはいつも私の心である。

 

心が変わらない限り、私自身は決して変わらない。

偽りの愛は、いつか脆く崩れ去ってしまう。

しかし、真実の愛は、罪を覆い、平和を作り出す。

 

イエス・キリストは、私が真実な愛を得るようにと、私を捉えてくださっ

た。高校3年生だったあの時から、キリストの御手は私の腕を掴んで離さない。

 

自分の罪を知ることは、嫌でたまらなかった。

しかし、今、自分の罪を知ることの喜びを知った。

なぜなら、それは、神が私の心を造りかえて下さる通過点だから。

 

愛し合う喜びに満たしてください。

イエス・キリストにならう者と変えてください。

 

主が、癒しの御手で、私を捉えてくださったことを感謝します。

いつも、心を主の御前に注ぎ出します。きよめてください。

 

www.youtube.com

 

信仰によって義と認められた私たちは、私たちの主イエス・キリストによって、神との平和を持っています。またキリストによって、いま私たちの立っているこの恵みに信仰によって導き入れられた私たちは、神の栄光を望んで大いに喜んでいます。

そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。

この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

                            ローマ人への手紙5章

 

 

渇けば渇くほど、いのちの水を欲する。

風のように過ぎていく古いいのち。

風のように吹き込んで来る新しいいのち。

 

やがてしおれてしまう花を咲かせる朽ちる種。

決してしおれることのない花を咲かせる朽ちない種。

 

虫とさびできず物になり、盗人が穴を空けて盗んでしまう地上の宝。

虫もさびも付かず、盗人が穴を空けて盗むこともない天の宝。

 

いつの日か滅び去ってしまう世と世の欲。

いつまでもながらえる神の御心を行う者。

 

無知であったときの様々な欲望と父祖伝来の虚しい生き方。

真理に従い従順な子どもの聖なる生き方。

 

罪過と罪のなかに死んでいた過去の自分。

義と永遠のいのちによって生きる今の自分。

 

以前は神の民でもなく、あわれみを受ける資格のない異邦人。

今は神の民であり、あわれみを受けた聖なる国民。

 

 

 

           わたしはよみがりです。いのちです。

 

         イエスがキリストであると信じる者はだれでも、

             神によって生まれたのです。

         生んでくださった方を愛する者はだれでも、

          その方によって生まれた者をも愛します。

 

          また、私は新しい天と地とを見た。

        以前の天と、以前の地は過ぎ去り、もはや海もない。

          

             また言われた。

  「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。

      わたしは、渇く者には、いのちの水の泉から、価なしに飲ませる。

          勝利を得る者は、これらのものを相続する。

         わたしは彼の神となり、彼はわたしの子となる。」

 

 

主は、渇く私に、いのちの水を、価なしに飲ませて下さる。

なんという希望だろうか。

復活

真実かどうかを検証しなくてはならない。

その事象が大きければ大きいほど。

 

ある新興宗教の教祖を神だと信じて疑わない人がいる。

その証拠はとても乏しい。

 

しかし、イエスが神である証拠は豊富にある。

その最たるものは、イエスの復活だ。

 

エスの復活を否定する見解は存在する。

けれど、今はそれを否定する歴史家は殆どいない。

 

エスの復活は、イエスが神の御子であることの証明だ。

この事実を告げ知らせなくてはならない。

 

www.youtube.com