暗闇に光を。

サラリーマンを中心に、日本人について知るために、ブログを書いています。

スローペース

限りある人生において、本当に優先しなければならないものは何だろうか。

1つのことが終われば、すぐに次のことに取りかかり、息つく暇もないまま忙しく過ご

してしまっている。もはや「木を見て、森を見ず」の状態が当然になっている。

  

忙しさをあえて好む人もいる。その1つの理由は、余計なことを考えなくていいから

だ。

 

自分な好きなことをして、能力を生かして、自由な意思を持って、活き活きと働くこと

ができる仕事を見つけることが出来たら幸せだろう。それで、なおかつ十分なお金を稼

ぐことができて、大切な家族と余暇を存分に楽しむことが出来たら最高だ。

けれど、もうそんな望みも抱かなくなった。会社に行きたくない。また地獄の一週間が

始まった。会社で笑えない。やめたいけど、やめられない。だから、人生にもうそんな

希望は持てない、と思っている人も多いだろう。

 

そんな人生に変革をもたらすことを目的とした数ヶ月感のプログラムを提供している会

社がyoutubeで広告を出していた。実際に人生が変わったという受講者たちの声もウェ

ブサイトに載っている。多くの日本の人たちが、新しい展望と可能性を得て、よりポジ

ティブでクリエイティブな人生を始めることができるかもしれない。

 

けれども、人が本当に必要としている変化はもっと大きなものだと、聖書は教えてくれ

ている。

 

自分を中心に考えるならば、別に変化を必要としていない人もいる。

今の状態がもっと続けばいいと思っている人もいる。

 

けれど、人は、まさにそこに根本的な変化を必要とする。

それは、神を認めることである。偽者の神ではなく、聖書と、人となられた御子によっ

て啓示された真実の神である。

 

神を認めることは、神の存在を肯定することのみではない。

それは、自分中心の生き方から神中心の生き方に変わることであり、

自己礼拝の人生から、神礼拝の人生に変わることである。

 

神が求めているのは、神を愛し、神の命令を守る礼拝者である。

神は、そのために、ご自分の御子を世に遣わし、かつては神から離れていた私たちに、

神ご自身が近づいてくださった。そして、御子の死と復活により、信仰による賜物であ

聖霊によって、神に近づける存在としてくださった。

 

                私たちは、このキリストによって、

           両者(ユダヤ人と異邦人)ともに一つの御霊において、

              父のみもとに近づくことができるのです。

                         エペソ人への手紙2章

 

父(神)のみもとに近づくことができるのは、父が私たちの罪を赦し、子として受け入

れて下さったから。聖霊はその証。もう恐れなくていい。神は愛と恵みを持って、罪人

の私を抱きしめてくださる。だから、いつまでも罪責感にしがみついてはいけない。自

分を汚れた人間だと思い続けなくていい。罪を償おうとしたり、汚れを隠そうとした

り、神や人から逃げたりしなくていい。

 

もう孤児でも奴隷でもなく、神は私たちを養子として受け入れてくださり、「お父さ

ん」と呼んでいいよ、と言ってくださったのだから。しかし、父は、私たちを放任しな

い。「好き勝手していいよ。ぜんぶあなたのものだから。」とは決して言われない。

 

父は私たちをご自分の子として愛しているがゆえに、懲らしめてくださる。それは、私

たちの間違いを教え、正しい道を生きることができるように成長させるため。

 

      肉の父親は、短い期間、自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、

  霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。

    すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、

        後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。

                               ヘブル人への手紙12章

 

人が本当に優先すべきものは何だろうか。それは、人が”神”を造り出した目的とは逆で

あり、神が人を造られた目的に生きることである。

 

それは、神を礼拝すること。だから、神を礼拝するとき、人の心は喜びに満た

される。その喜びは、他のものが与えることは決してできない。

 

キリストは人間の代表として、神を礼拝して生きられた。そして、十字架の死さえも、

神の御心に従われ、ご自身を神に捧げられた。私たちは、キリストのような礼拝者では

ない。けれど、神はキリストと同じように私たちを見てくださっている。それは、神の

約束と恵みのゆえに、信仰によって、私たちはキリストと一つにされたから。そして、

キリストに似た礼拝者へと、私たちの心を聖霊によって変えてくださる。父が子を懲ら

しめるようにして。

 

 

 

私は、母親と姉がクリスチャンだ。

物心ついたときから、天地を創造された神を信じていた。

しかし、私の人生は自分中心であり、神は人生の附属物にすぎなかった。

 

けれど、神の恵みにより、世界は神を中心にまわっていることを知った。

私の存在は、私のためではなく、神のためにあることを知ったとき、

私のなかですべてのピースが繋がった。

 

                 そういうわけですか、兄弟たち。 

          私は、神のあわれみのゆえに、あなたがたにお願いします。

    あなたがたのからだを、神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。

               それこそ、あなたがたの霊的な礼拝です。

 

               この世と調子を合わせてはいけません。

                いや、むしろ、神のみこころは何か、

             すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、

               完全であるのかをわきまえ知るために、

                 心の一新によって自分を変えなさい。

                               ローマ人への手紙12章

 

限りある人生の中で、本当に優先すべきことは何か。

それは、何をするときも神を礼拝すること。

 

人生のすべては、神を礼拝するためにある。自分の存在そのものが、神へのささげもの

である。私は、いつも聖書のことばによって、その真理に立ち帰り、自分の動機・目的

を点検する必要がある。いや、それ以上に新しくされ続ける必要がある。そのために、

神は、真理の導き手、助け手なる聖霊を与えてくださっている。

 

しかし、私は、神を礼拝して生きているのか分からなくなるときがある。

自分が、神への礼拝だと思っていても、実際は自分を礼拝していることが、どれほどあ

るだろうか。私は、いつになっても自己中心と虚栄心によって行動してしまい、自分の

心さえも欺いてしまう罪人だ。

 

だから、ゆっくりと立ち止まる時間が必要だ。最近は、ますます強くそう思わされてい

る。そういう意味で、私はもっとスローペースに人生を歩みたい。

 

人生で最も大切な目的に生きるために。

 

 

ちなみに、

毎週日曜日にもたれる礼拝と、聖餐式は、神の救いをお祝いする祝祭だ。

神の御子の割かれた肉体と、流された血潮によって、私たちはいのちを与えら

れた。週に一度、立ち止まって、キリストのよる救いを思い出しながら、神の御前で休

むとき、続く一週間を神への礼拝のために生きる力を与えられる。

 

神に救われ、神の子とされた私たちは、人生の苦難を共にし、天におられる主に向かっ

て新しい賛美を歌う。キリストが戻ってこられる日を待ち望みつつ。

 

私たちは一人ではなく、キリストにあって一つの家族。神は、私たちのうち誰一人をも

失うことなく、天の御国へと守り導かれる。

 

 

今、この文章を読んで下さっているあなたも、キリストを信じて、神の家族に加えられ

ますようにと、祈りつつ。

 

"Behold The lamb"

聖餐式の際に、よく用いられる賛美。

www.youtube.com

心にタンポポ

自分を誉めることは、私にとって一番苦手なことの1つだと思う。

 

友だちに、「たまには自分のことも誉めてあげないとだめだよ。はい、誉めてみてっ」

と言われて、沈黙してしまった。

 

そういえば、就職活動のときも、自分の長所が思いつかなくて困った。

その頃から、自分に対する見方はあまり変わっていないのかもしれない。

 

髪の毛が大分長くなっているのに、なかなか髪を切りにいくことが出来なかったのも、私のコンプレックスが関係している。

 

少しでも格好よく見られたかったから。

髪の毛が短くなれば、貧弱な姿が目立ってしまう気がした。

だから、カットに行く踏ん切りがつくまで、結構な時間がかかってしまった。

 

「美しさ」は私の偶像だ。

自分が美しくあれば、大切な人たちはもっと私を求めてくれると期待してしまう。

 

でも、それは根本の偶像ではないと気付いた。

私が取り去らなくてはならない偶像は、「人」そのものだ。

 

人からの承認欲求が私を縛り付けている。

美しさを用いて、良い行いを用いて、笑顔を用いて、一緒に過ごすことを通して、

私は人に受け入れられようとしている。

 

そうして、いつの間にか自分も疲れて、相手も疲れさせてしまう。お互いにどこかで無理をしているのだと思う。少しのきっかけで、不安が大きくなって、距離を取るようになっていく。

 

ずっと悩んで、諦めかけていた。

 でも、神は私を諦めさせなかった。

 

答えはいつも、イエス・キリストへの信仰に立ち帰らされて、与えられる。

イエス・キリストの十字架と復活が私に与えてくれたものは、「すべて」だった。

神を知ることが、私にすべてを与えた。神を知ることが、すべてを変えた。

 

いくら強調しても足りない。神を知ることの大きさ。

神が愛する独り子を、死に明け渡されたのは、私たちが永遠のいのちを持ち、

神を知るためだった。それは、神との交わりに迎えられることだった。

 

私は神を知っている。神に愛されていることを知っている。神の尽きない恵みと憐れみを知っている。イエス・キリストを信じる者はみな、救われる。

 

自由だ!もう罪に定められることは決してない。死を宣告されることもない。さばきと呪いはすでに取り去られた。何も恐れるものはない!!!

 

神が味方であるなら、一体誰を恐れる必要があるのか。恐れるな、雄々しくあれ、勇敢

であれ。ただひたすらに、愛の賜物を熱心に求めよ。

 

 

                      兄弟たち。あなたがたは、自由を与えられるために召されたのです。

                    ただ、その自由を肉の働く機会としないで、愛をもって互いに仕えなさい。

                                                                                               ガラテヤ人への手紙5

 

 

自由に生きていい。何にも縛られなくていい。私たちは自由を生きるために召されたの

だから。しかし、それは肉の欲望のままに生きるためではなく、互いに愛し合うため

だ。

 

 

             キリスト・イエスにあっては、割礼を受けるか受けないは大事なことではなく、

                                            愛によって働く信仰だけが大事なのです。

                                                                                            ガラテヤ5

 

 

愛し合うことを求めていいんだ。自分なんかって思わなくていい。

キリストにある兄弟と姉妹ともっと愛し合っていいんだ。

この「愛」はセクシュアルなものでも、いやらしいものでもない。

真に混じり気のない、関係に基づいた誠実な愛だ。

 

映画で、アフリカのある家族の兄弟たちが、妹を本当に愛して、抱きしめていた。

私も、主にある家族を、家族として抱きしめていいんだ。

 

                              あなたがたは、真理に従うことによって、たましいを清め、

               偽りのない兄弟愛を抱くようになったのですから、互いに心から熱く愛し合いなさい。

             

                あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、

                            生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。

                                                                                                            Ⅰペテロ1

 

 

自分を誉めることはやっぱり苦手で、それは変わらないかもしれない。

 

けれど、私を認め、評価してくれる兄や姉、弟と妹たちがいる。

彼らの評価によって、私の存在価値が左右されるわけでは決してない。

だれが何を言おうと、私がどれだけ失敗したとしても、私が神様に愛されている子ど

もであることは絶対に変わらない。

 

 

しかし、彼らの優しいことばは、私に深い励ましと慰めを与えてくれた。

エス様は確かに私のうちに住んでおられることに、目を向けさせてくれた。

こんな家族を与えてくれて、神様、本当にありがとう。

 

 

すべての人が救いを必要としています。どうか、あの大切な友だちを救ってください。

彼は、人生の意味、目的の答えを求めています。世を支配する偽りに気付き始めてしま

す。けれど、偽りから脱却して、価値観を変革することの難しさも知っています。そし

て、実際、人は自分で真理を悟ることはできないのです。

 

真理はイエス様にあります。彼にはあなたが必要です。どうか、イエス様を通して、神

を知ることができるように、主がみわざをなしてください。

 

私たちは、友だちの前で、ただあなただけに感謝と賛美を捧げます。主の救いを。

 

                                          私は、この口をもって、大いに主に感謝します。

                                             私は多くの人々の真ん中で、賛美します。

                       主は貧しい者の右に立ち、死刑を宣告する者たちから、彼を救われるからです。

                                                                                                                       詩篇109

 

 

 

Go tell it on the mountain 

www.youtube.com

 

           語り継げよ。山を越え、谷越え、

           伝え広めよ。主は来られた。

葛藤を越えて

からだとこころが真っ二つに引き裂かれるような感覚になることがある。二つの相反する思いが私を引っ張り合って、私はひきちぎられてしまうのではないかと感じるくらいの葛藤を経験する。

 

     もし肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬのです。

     しかし、もし御霊によって、からだの行いを殺すなら、

     あなたがたは生きるのです。

                                                               ローマ8

 

     御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるよ

     うなことはありません。なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊

     は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあな

     たがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。

                                                                             ガラテヤ5

 

    (しかし)キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、

      さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。

      もし私たちが御霊によって生きるのなら、

      御霊に導かれて、進もうではありませんか。

      互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、

      虚栄に走ることのないようにしましょう。

                                                                              ガラテヤ5

 

 

キリストを信じた者は、御霊によって新しく生まれ変わる。

生まれ変わる前は、肉の奴隷だった。しかし、今は、御霊によって神の

子とされた。しかし、肉の欲求は今も残存している。そのため、心には

いつも葛藤がある。肉と御霊の対立が起こっている。

 

しかし、その戦いに御霊が勝利するとき、私は本当の意味で生きる。

信仰と希望と愛が私の心を包み込む。永遠の神の御手に身をゆだね、主

を待ち望むとき、私は新しく力を得て、鷲のように翼をかって上る。

走ってもたゆまず、歩いても疲れない。

 

私は、この戦いの傍観者ではない。生きるか、死ぬかの選択は私の目の

前に置かれている。御霊によって歩むか、肉の欲望を満足させる

か、選ぶのは私自身である。

 

けれども、この戦いは私の戦いではなく、主の戦いである。

主が私とともに戦い、必ず勝利を与えられる。

 

主は、暗闇の奴隷であった私たちを、愛する御子の死によって、救い出し、白髪になっても、ボロボロになっても、どれだけ臭くなっても、その大きな翼で私を覆い、天まで導いてくださる。

 

父よ。キリストの十字架により示された、あなたの愛を信じます。

そして、あなたの恵みを待ち望みます。

 

         

     私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。

         主のあわれみは尽きないからだ。

         それは朝ごとに新しい。

        「あなたの真実は力強い。主こそ、私の受ける分です」と私のたましいは言う。

     それゆえ、私は主を待ち望む。

                                 哀歌3

 

 

New every morning (新しい朝)

www.youtube.com

 

Lord, how I need you

大切になればなるほど、別れは名残惜しくなる。

もう会えなくなるかもしれない。

心が焦っている。

 

このまま別れてしまってもいいのだろうか。

でも、それ以外にどんな選択肢があるんだろう。

 

寂しいな。ほんとに。

 

だから、賛美しよう。

僕らは、主のおられるところで必ずまた会えるのだから。

僕らの罪のために死なれ、よみがえられたイエス様が、私たちを迎え

に来て下さるから。イエス様も僕らをずっと待っているから。

 

でも、心は苦しい。

胸が詰まる。

 

Lord I need you. 

主よ、いま、あなたが必要です。

私を慰めてください。

 

涙を流しながら、主を賛美することを教えてください。

 

         なくなる食物のためではなく、いつまでも保ち、

         永遠のいのちに至る食物のために働きなさい。 

         それこそ、人の子があなたがたに与えるものです。

                                           ヨハネ6

 

涙を流しながら、永遠に残るもののために働くことを教えてください。

 

 

               あなたがたが、神が遣わした者を信じること、それが神のわざです。

                                                                                   ヨハネ6

 

私の名ではなく、イエス様の名を残すために。

なぜなら、この方の名に永遠のいのちがあるのだから。

 

Lord, I need You.

www.youtube.com

兄の優しさ

私には、10才以上年上の兄がいる。

 

兄は、父親が単身赴任で忙しく、母親が一人で家族の世話をしてくれていたとき、兄は私の面倒を良くみてくれた。おしめを代え、散歩に連れて行き、お風呂にも入れてくれたらしい。

 

幼稚園に私を迎えにきたときは、ほかの奥様方から、「あの若いお父さんは誰かしら」と、噂になっていたこともあったそうだ。

 

幼稚園の卒園式では、当時大好きだったポケモンの絵を色鉛筆で丁寧に描いて、私にプレゼントしてくれた。そのときの嬉しかった気持ちは、今も忘れていない。

 

私がまだ小さかった頃、小学生だった姉が地域のプロテスタント教会へ行き始めた。地域の子どもたちを招いて、夏祭りをしてくれたのだ。しばらくして、母親も行くようになり、私も連れて行ってもらった。

 

そして、教会に集い、聖書を学んでいくなかで、私たちはイエス・キリストを信じて洗礼を受けた。

 

 

しかし、兄はこのことをよく思っていなかった。

オウム真理教の事件や、新興宗教の色々な事柄がメディアで流れていた。

兄は、宗教を嫌った。宗教は人を洗脳するものだと考えていた。

 

だから、兄は教会には来なかった。

 

けれど、兄の心は変わった。

数年前、私が外国に留学していたとき、兄が私を尋ねに来てくれた。

いっしょに観光した。同じ部屋で布団を横に並べて寝た。こんなこと、子どものとき以来だった。

 

その夜、兄と普段話したことのない色々なことをを話した。私が生まれる前の家族のことや、兄の人生や思いについて語ってくれた。私たちは、心を開いて語り合った。

 

そして、信仰についてどう思っているか聞いた。

兄は、【おまえが幸せなら、それでいいよ】

と言ってくれた。

 

 

兄は、単に私に反対していたわけではなかった。

ただ、私の幸せを考えてくれていた。

 

 

 

先日、その兄が結婚した。

この年になって、兄から注がれて来た愛情に、気付き始めた。

 

Good Lie いちばん優しい嘘

1983年、スーダン紛争勃発。

村を襲撃され、生き残った子どもたちは、ケニアの難民キャンプ場に逃れた。

それから17年後、難民ビザがおり、彼らはアメリカに渡った。

 

予告編

www.youtube.com

 

紛争では、女性も子どもも容赦なく殺されていく。

もしくは、洗脳されて、子ども兵士とされる。

 

メインの家族を演じた俳優は、元スーダン難民であり、中には子ども兵士だった人もいる。

 

難民はみんな同じではない。

それぞれの祖国があり、家族があり、人生があり、トラウマがある。

日本に逃れてきている難民の一人一人にも、それぞれのエピソードが必ずある。

 

受けた傷の深さ、背負っているものの重さは、私とは比にならない。

生まれた場所によって、こんなにも生活環境が異なるなんて、不条理に思える。

 

 

しかし、悪は必ず終わりを迎える日が来る。

そして主を待ち望む者はみな救われる。

 

映画のワンシーンで、子どもたちが集まって聖書を朗読していた。そこで読まれていた箇所は、旧約聖書のダニエル書という預言書だった。

 

 

                 ダニエルよ。行け。

       このことばは、終わりの時まで、秘められ、封じられているからだ。

          多くの者は、身を清め、白くし、こうして練られる。

           悪者どもは悪を行い、ひとりも悟る者がいない。

               しかし、思慮深い人々は悟る。

                          ダニエル書12章

 

 

この苦しみは永遠には続かない。

やがて終わりのときがくる。

「思慮深い人々は悟る」。

 

 

www.youtube.com

 

南スーダンは2011年にスーダン共和国から10州が独立した新しい国。しかし、政府軍と反政府軍による内戦が続き、160万人以上の人々が隣国のウガンダやケニヤに難民として逃れている。一方比較的安全な上ナイル地方への国内避難民は189万人といわれている。そして、国民の43%が食糧不足である。(http://www.jifh.org/news/2017/04/post-489.htmlから引用)

 

生きる為に必要な食糧に不足している人たちが沢山います。3000円の募金で、2家族の一ヶ月間の生活を支えることができます。私たちの小さな一歩が、南スーダンの大切な人たちの生きる糧となります。

 

国際飢餓対策機構というNPO団体が支援をしています。ぜひ、ご支援をお願いします。

【南スーダン】深刻な食料不足がつづく(募金受付開始) | 活動報告・お知らせ | ハンガーゼロ | 1分間に17人飢餓で亡くなっている現実を知ろう。

 

 

幸福な奴隷

私のある友だちは、人生がうまくいっていない。

 

彼は、社会の違和感を敏感に感じ取り、生きづらさを覚えている。彼は、周りの人たちが、矛盾している人生に何の疑問もなく生きているように感じていた。そして、それに順応しなければ、この社会で生きていけないことにも気付いていた。

 

彼は、ワーキングホリデイで海外に行った。自分が変わることを求めて。しかし、彼は変わることが出来なかった。彼は苦しんだ。孤独で、毎日死にたがった。

 

彼は、毎日詩を書いた。その詩を読ませてもらったことがある。自分の表面的な心が見透かされていくようだった。彼と話しているとき、自分は嘘をつけなかった。すぐに見透かされてしまうから。私は、彼を通して、本当の自分を知る道に導かれるようになった。

 

 

 

以前、ブログで、「日本人は、集団で偽りを信じて、現実から逃げているのだと思う」と書いた。経営学の有名な本を書いたドラッカーは、それを「幸福な奴隷」と説明した。

 

完全な人間はいないゆえに、人は独裁者にはなれない。けれど、自己を放棄し、思考を停止し、責任転嫁をし、独裁者に従うとき、人は幸福感を感じることができる。けれど、事実は自己の自由を奪われた奴隷である。

 

しかし、人は責任ある自由人として生きるべきである。不完全さを認めつつも、しかし奴隷になるのではなく、神の前に最善を尽くしていかなければならない......これがドラッカーの主張である。

 

 

ところが、大多数の人は独裁者に従う。独裁者は独裁政権のみを指しているのではない。人間が造り出した文化そのものが現実に独裁者となっている。

 

ある人はこう言った。

『日本の文化において、人は「決断放棄による自己証明の追求」をしている。』

 

自己規定の仕方は文化によって異なる。人類にとって、人間の永遠の成功と繁栄が大きな神話であるならば、その一部となれるかどうかで、人の存在価値は規定される。日本にも、国家、仕事、世間体、様々な”神”が存在する。

 

その一部となるため、共同体と個人的成果が用いられる。

 

共同体への帰属。それは永遠に続く聖なる共同体のように考えられる。しかし、それは決して完全でもなく、永遠でもない仮想現実に過ぎない。

 

人生の成果。それは自己拡張装置のようである。グローバル経済と、個人市場主義と、ネット社会の発展によって、共同体に属さなくても、人類の成功と繁栄という大きな物語に貢献することができる多様性が生まれている。

 

しかし、共同体にうまく帰属できず、個人の能力と努力により成果を手にすることもできない場合、人は罪責観と劣等感に苛まれ、他の自己証明の手段を必要とする。そのときは、人は文化以外の、他の”宗教”を必要とする。

 

「宗教は弱い人がするものだ」と考える人も、自己を放棄し、思考を停止し、幸福な奴隷となっているだけかもしれない。

 

カルトの常套手段は、自己の放棄による、思考停止と責任転嫁である。人は教祖に簡単になり得る。

 

このように、日本の文化もカルトも、個人の意志の放棄を要求する。自分がなくなっていく。それは本当の幸せなのか。多くの人は、大人になるにつれ、自分が失われていくように思う。自分が消えていき、世間の色に染まっていくことが、大人になっていくかのような風潮がある。

 

教会も同じような文化構造を生きてしまうなら、他の民族宗教と何ら違いは見られない。それは、”キリスト教”を神話として、奉仕や礼拝のため懸命になるが、自己を失い、劣等感と罪責観の克服に躍起になっているだけの可能性もある。

 

 

 

私は、クリスチャンとして生きてきたつもりだった。しかし、私は”神”を自己実現と自己証明のために利用しているだけだと気付くようになった。

 

しかし、神はその偽りからも、私を救い出してくださった。

 

世が造り出す偽りの物語の中を、自分の存在証明のために生きるという、「幸福の奴隷」から解放され、神の物語の中を、神の栄光のために生きるという、「真理による自由人」として生きる人生へと導いてくださった。

 

 

それが、聖書の語る福音である。

 

キリストの十字架によって、私の罪は赦され、神の養子とされた。もはや罪責感の克服のために生きる必要はなくなった。

 

キリストの十字架によって、私は神の前に義と認められた。もはや劣等感の克服のために生きる必要はなくなった。

 

キリストの復活により、聖霊を与えられ、私は新しく生まれ変わった。汚れた良心はきよめられ、真理によって聖め別たれ、神のものとされた。

 

神の恵みによって、私は神を知った。

 

存在意義、永遠、すべては神にうちに保証されている。

 

I'm free!!! とある友は言った。私も、声を大にして、宣言する。

 

私は自由だ!

主に栄光がいつまでもありますように。

 

"Amazing Grace(驚くべき恵み)"

www.youtube.com