暗闇に光を。

サラリーマンを中心に、日本人について知るために、ブログを書いています。

虜 TORIKO

何を恐れているのだろう。何を欲しているんだろう。

一体、私は何を失うことを、こんなにも恐れているのか。

 

トリコ 公式サイト 東映アニメーション

 

人間の衝動はきっと愛なんかではない。人を突き動かしているのは恐れだ。

そして、人を恐れで縛り付けるのは、私が欲している”それ”だ。

私の口は上手にごまかすだろう。自分でさえも、気付けない。

 

 

 

けれど、私はいつも何かの虜。人はみな何かに依存しなければ生きていけないのだから。

 

しかし、私は虜となるものによって、日に日に蝕まれていくことを知らない。

 

 

 

 

 

 

私の人生は"それ"を中心に形成されていく。それをいかに守るか、いかに得るか。

だから、それを脅かす者には容赦しない。

 

 

 

親友が敵に変わる。

最愛の妻が敵に変わる。

家族が敵に変わる。

世界が皆敵となる。

 

 

 

 

 

手放した方がいい。でも、それができないことは分かってる。けど、虜のままでいたらだめになってしまう。人は本当は自由なはずだけど、もはやがんじがらめで、解くことは簡単ではない。人は助けが必要なんだ、と思う。

 

 

      世は「グルメ時代」......未知なる味を求めて探求する時代。

        貴重な食材が国際経済すら揺るがすこの時代に......

         未知の食材を探し調達するプロフェッショナルたち「美食屋」たちがいた!

              (トリコあらすじ)

 

「美食屋」のようにチヤホヤされなくていい。

むしろ時代に逆行して、「まずくても食べれれば十分」と言える人の方が本当は必要なんだ。

 

 

正社員じゃなくてもいい。人に見下されたっていい。底辺から初めて見える、本当の人生の豊かさがあることを知ってほしい。