暗闇に光を。

サラリーマンを中心に、日本人について知るために、ブログを書いています。

出会いの楽しさ

夜、家の周りを歩いていると、道の脇でしゃがんで何かを観察しているサラリーマンを見かけました。

 

直感的に、何をしているのかすぐに分かりました。

私の予想は的中しました。

 

彼は、蝉を助けていたのです。

土から出たばかりの蝉を、無事に木の幹まで上れるように小枝を使って補助をしていました。なぜ分かったのかというと、数日前、私も同じことをしていたからでした。

 

こういうわけで、彼に声をかけ、彼の蝉助けを傍らで応援させていただきました。

蚊に刺さされつつも、心を一つに蝉を見守りました。

 

蝉の与えてくれた出会いに感謝です。

 

 

 

その帰り、偶然友だちに出会いました。

彼女は道で迷子になってしまったところ、ある女性が声をかけてくれて、目的地まで送ってくれたそうです。その間、15分ほどの時間があったそうです。

 

 

 

出会いって楽しいなと思いました。