暗闇に光を。

サラリーマンを中心に、日本人について知るために、ブログを書いています。

良い羊飼い

In true surrender

何に身をゆだねて生きるかによって、人生は変わっていくと思います。

 

良い羊飼いは、羊を豊かな草原や水のほとりに導いてくれます。悪い獣から守ってくれます。群れからはぐれてしまったなら、見つけ出すまで捜してくれます。そして、羊のためなら、いのちまで捨てます。

 

あなたが死の陰の谷を歩いているとき、あなたの羊飼いは、あなたのためにいのちを捨ててくれますか。それとも、あなたを置いて逃げるでしょうか。

 

 

 

"Good Shepherd Of My Soul"(私の魂の良い羊飼い)という賛美です。

 

 

www.youtube.com

 

車椅子に座っておられる女性は、Joni Tadaさんといって、口でペンを持って絵を描かれる画家であり、また歌手や作家、活動家でもあられます。

 

私は、Joniさんと面識はありませんが、以前ルーマニアに行ったとき、彼女のことを知りました。

 

20数年前に、Joniさんは、共産政権により貧しくなり、障がい者たちに支援が行き届いていなかったルーマニアを訪れ、彼女が設立したJoni and Friendsという、オーダメイドの車椅子を障がい者に無償で届けたりする働きや、経験を話してくれたそうです。

 

それを聞いていた私の友人は、その後の人生を、障がい者たちのために捧げる決心をしました。

 

彼は、ルーマニアブルガリアモルドバなどの色々な村々へ行き、貧しい人たちに車椅子を届けています。

 

でも、ただ車椅子を届けるのではありません。人のたましいを生き返らせる、神の愛を届けているのです。障がいを持っている方々も、そのご家族も、皆が本当に必要としているのは、良い羊飼いと出会うことです。

 

 

 

歌詞

1

Good Shepherd of my soul

Come dwell within me 

Take all I am and mould

Your likeness in me.

Before the cross of Christ

This is my sacrifaice:

A life laid down

And ready to follow

 

2

The troubled find their peace

In true surrender.

The prisoners their release

From chains of anger.

In springs of living grace

I find a resting place

To rise refreshed,

Determined to follow.

 

3

I'll walk this narrow road

With Christ before me 

Where throns and  thstles grow

And cords ensnare me.

Thugh doubted and denied

He never leaves my side

But lifts my head

And calls me to follow.

 

4

And when my days are gone

My strength is failing

He'll carry me along

Through death's unveiling

Earth's struggles overcome

Heav'n's journey just begun

To search Christ's deapths

And ever to follow.

 

 

英語ですが、Joniさんのストーリーを聴くことができます。

www.youtube.com