暗闇に光を。

サラリーマンを中心に、日本人について知るために、ブログを書いています。

羊、吠える

大学生のとき、図書館でMr. childrenの「羊、吠える」を初めて聴いた。

 

自分の心を代弁しているように感じた。そのときから、音楽の歌詞に興味を持ち始めた。

 

www.youtube.com

        

        あまりに多くの期待を、もう自分に寄せていない。

        ときどき、誉めてくれる人に出会う、それで十分。

 

         服を来た犬は、鏡の前、何を思うのだろうか。

           ここ2、3、日はそんな事考えてる。

 

         狼の血筋じゃないから、いっそ羊の声で吠える。

         ばかみたいと笑う君に、気付かないふりしながら。

 

自分に失望していた。自分は狼ではなく、羊だと思っていた。

自分は取るに足りない敗者のように感じていた。

 

その頃の気持ちを思い出すと、心が重くなる。

この曲は当時の記憶を少し呼び覚ます。

 

狼は食い尽くす存在であり、羊は食われる存在。

楽しそうに、幸せそうにしている人々を横目で見ながら、私の足が向かうのはいつも図

書館だった。勉強をするためではなく、押しつぶされそうな心を守るために。

 

家に帰ってもよかった。けれど、孤独の見えない世界に入れば、私がすることは決まっていた。ポルノを見て、一時的な快楽に現実を忘れることだった。何かに圧迫されている心を解放するためにポルノを見た。それは、私に慰めを与える薬のようだった。しかし、心は荒んでいくことを知っていた。

 

大学に行っても、何をするでもなく、ただ時間を過ごし、家に帰って、寝る。

私の逃げ場は図書館。もしくは、インターネットのポルノの中。そんな生活が長く続い

た。

 

ポルノの依存性は強かった。中学校の頃から見始めたポルノは、いつかは自然とやめれるときが来ると信じていたが、実際は依存は強まっていく一方だった。次第に脳は麻痺していき、普通のものじゃ満足出来なくなり、さらに刺激的なものを求めるようになっていった。人間関係がどうでもよくなっていった。勉強などどうでもよくなった。けど卒業単位はちゃんと取得したい。親を悲しませたくはない。結婚はしたい。しかし、それでも、今気持ちよくなれれば、何だっていいという心がすべてを凌駕し、私の人格や人生は崩壊へと進んでいった。

 

 

いつ、私はもとに戻れたのか・・・あまり覚えていない。今でも、強い葛藤を覚え、誘惑に負けてしまうことがある。敗北が続いて、自分のすべてが汚れていると感じ、生きる気力さえ失ってしまうことがある。ポルノが与えるのは偽りの慰めであり、私の心、人間関係、社会性すべてを奪い去っていくことを知った。

 

神は、私を憐れみ、暗闇から救い出してくださった。

本当の慰めが与えられた。ポルノはもう要らない。

 

神は、この期間を通して、私と出会ってくださった。