暗闇に光を。

サラリーマンを中心に、日本人について知るために、ブログを書いています。

葛藤を越えて

からだとこころが真っ二つに引き裂かれるような感覚になることがある。二つの相反する思いが私を引っ張り合って、私はひきちぎられてしまうのではないかと感じるくらいの葛藤を経験する。

 

     もし肉に従って生きるなら、あなたがたは死ぬのです。

     しかし、もし御霊によって、からだの行いを殺すなら、

     あなたがたは生きるのです。

                                                               ローマ8

 

     御霊によって歩みなさい。そうすれば、決して肉の欲望を満足させるよ

     うなことはありません。なぜなら、肉の願うことは御霊に逆らい、御霊

     は肉に逆らうからです。この二つは互いに対立していて、そのためあな

     たがたは、自分のしたいと思うことをすることができないのです。

                                                                             ガラテヤ5

 

    (しかし)キリスト・イエスにつく者は、自分の肉を、

      さまざまの情欲や欲望とともに、十字架につけてしまったのです。

      もし私たちが御霊によって生きるのなら、

      御霊に導かれて、進もうではありませんか。

      互いにいどみ合ったり、そねみ合ったりして、

      虚栄に走ることのないようにしましょう。

                                                                              ガラテヤ5

 

 

キリストを信じた者は、御霊によって新しく生まれ変わる。

生まれ変わる前は、肉の奴隷だった。しかし、今は、御霊によって神の

子とされた。しかし、肉の欲求は今も残存している。そのため、心には

いつも葛藤がある。肉と御霊の対立が起こっている。

 

しかし、その戦いに御霊が勝利するとき、私は本当の意味で生きる。

信仰と希望と愛が私の心を包み込む。永遠の神の御手に身をゆだね、主

を待ち望むとき、私は新しく力を得て、鷲のように翼をかって上る。

走ってもたゆまず、歩いても疲れない。

 

私は、この戦いの傍観者ではない。生きるか、死ぬかの選択は私の目の

前に置かれている。御霊によって歩むか、肉の欲望を満足させる

か、選ぶのは私自身である。

 

けれども、この戦いは私の戦いではなく、主の戦いである。

主が私とともに戦い、必ず勝利を与えられる。

 

主は、暗闇の奴隷であった私たちを、愛する御子の死によって、救い出し、白髪になっても、ボロボロになっても、どれだけ臭くなっても、その大きな翼で私を覆い、天まで導いてくださる。

 

父よ。キリストの十字架により示された、あなたの愛を信じます。

そして、あなたの恵みを待ち望みます。

 

         

     私たちが滅びうせなかったのは、主の恵みによる。

         主のあわれみは尽きないからだ。

         それは朝ごとに新しい。

        「あなたの真実は力強い。主こそ、私の受ける分です」と私のたましいは言う。

     それゆえ、私は主を待ち望む。

                                 哀歌3

 

 

New every morning (新しい朝)

www.youtube.com